お知らせ

「秋の舌鼓」というテーマでEmeat若牛第二弾の牛さん「SARU」の贅沢な部位を販売開始いたしました!












群馬県で黒毛和牛を生まれから出荷まで育てています石坂牧場の恵美です。
「恵美+お肉」でEmeat(エミート)という個人ブランドを行っています。
牛飼いに軸を置きながら、トラックに乗せるまでではなく、召し上がって下さる方に運ばれるまで牛さんを育てるという事を理想としています。


今回のお肉の詳細は上の画像にリンクを貼っています。



 














いよいよ、Emeat若牛 -わかうし-  の第二弾、『 SARU  ×  SARU × SARU 』が始まります!



牛さんなのに S A R U  って!?

猿田伸幸さんを中心として、それぞれコンセプトを変えた飲食店を東京で複数展開していて、売り手よし、買い手よし、世間よしの三方よしに”生産者よし”を加えた四方よしを理念に、時にはお店を閉めてまでスタッフ全員で生産現場に訪れ、創造し、食材の魅力を言葉ではなく料理やサービスで表現してくれるお店の名前が『SARU』です。






Emeat若牛 -わかうし-  って!?


「若牛」とは、黒毛和牛を通常約30ヶ月間肥育し出荷するサイクルを約20ヶ月に縮めて出荷するいわゆる若い牛のことです。生産期間が短くなることで霜降りは通常出荷のものに比べて浅くなりますが、黒毛和牛が持つ本来のお肉の旨味は存分に楽しめます。お肉好きならいくらでも食べられるようなフレッシュな軽さとクセになるような和牛らしい味わいです。生産期間を短縮する技術開発の背景には、霜降り肉から赤身肉への消費者の嗜好の変化に応えながら、穀物の削減や環境負担を減らし、未来に繋がるような新世代の黒毛和牛を提案していきたいという強い想いで始めたプロジェクトです。








SARU との出会いは、たまたま猿田さんやシェフの方が牧場に訪れたのがきっかけで、いつか!という夢と、関係なしに大好きなお店でしたので生まれた牛さんに「SARU」と名付けました。時が経ち、とっても嬉しい知らせが SARU さんからやってきました。


《 山の”いのち”をいただこう。》というコンセプトで山SARUを考えていますと。わーっ!うちは紛れもない山、ここは山だよっ!と喜びました(笑)そしてお店を休んでスタッフ全員で牧場に来てくれました。成長した牛のSARUともご対面です!そして、学芸大学に Lodge Bistro SARU がオープンしたのでした。


そして今年、2016年の申(SARU)年、1周年を迎えたLodge Bistro SARUさんと共に夢が叶いました!SARU年にSARUちゃんをSARUで!が始まります!!



皆さんは店舗名の名の付いた牛さんのお肉をその店舗で食べた事がありますか?複雑な今だからシンプルな事ほど難しいのですが、親バカのパワーはとても強くっていろんな問題を飛び越えちゃいます!お肉を扱うシェフやスタッフがその牛さんを全員知ってるって、食の安心安全が求められてる中で、そのシンプルさってとっても魅力的ですよね!料理人を超えた親心で創造されるSARUのSARU料理をぜひ楽しんで下さい!



詳しくは Emeat日記 → 『 SARU  ×  SARU × SARU 』





【商 品 紹 介】







今回は食欲の秋という事で、しっとりとしっぽりと秋の贅沢を提供したいなと思い、いつもはレストランに流れてしまう牛さんの真ん中の高価な部位なのですが、なんとか調整して一般販売したいと考えました。本来はサシが入りやすく重たい印象を持たれてしまう部位ですが、そこは若牛ですので、あえていつもとの違いを楽しんで頂けたらと思います。SARUのお肉で贅沢な秋をぜひ楽しんで下さい。





SARU商品紹介01.png

SARU商品紹介02.png



商品は全て冷凍になります。
今回は別の企画で使用する為におまけのミンチは付きません。ごめんなさい。
SARUの事、解答方法やステーキの焼き方などが詰まったミニ冊子も付きます。


2パックまでご購入の方、贈答用すき焼きのみご購入の方は60サイズのクール便で、3パック以上または贈答用すき焼きを含めた商品をご購入の方は、自分でも1パック食べてから誰かに贈れたりできるような内箱入りの80サイズのクール便で送らせて頂きます。※自動返信の後に送料を含めたご注文確認メールを改めて送ります。









上部へ戻る