おすすめ商品













群馬県で黒毛和牛を生まれから出荷まで育てています石坂牧場の恵美です。
「恵美+お肉」でEmeat(エミート)という個人ブランドを行っています。
牛飼いに軸を置きながら、トラックに乗せるまでではなく、召し上がって下さる方に運ばれるまで牛さんを育てるという事を理想としています。


今回のお肉の詳細は上の画像にリンクを貼っています。



 












Emeat-blog-curry-02.jpg



農家が6次化でカレーを作るのってなにかテンプレートのような気もして今までは積極的じゃなかったのです。私のような小さい農家がお肉を自分で販売するのは「幸せな牛飼い」への1つの手段に過ぎず、怒られるかもしれませんが趣味とかライフワークに近いものがあります。だからこそ妥協は絶対にしないし、楽しく長く続けるためという自分の中の軸があるような気がします。ですから、お肉販売する上で硬い部位をカレーにして販売しよう!という感じではなく今は休んでるジャーキーの時もそうでしたが、「うわっ!もしこれに我が家のお肉を使ったらどうなるんだろう?」というワクワクするものに出会った時に初めて商品化を考えようというスタンスでした。



誤魔化す為ではなく、こだわって選んで作った単純な素材の持つ掛け算の味。
それが今回加工をお願いした日本で一番小さいかもしれないカレーのレトルト工場の「とりもと」さんでした。
こだわりが半端なく素材本来の美味しさを引き出す為に無添加にこだわって作りたいのだが、原材料が難しいので自ら無農薬有機の玉ねぎを栽培するほど。そんな玉ねぎを40kg→8kgになるまでじっくり炒めて甘みを出していたり、手間暇がかかってるお肉への火入れだったり、とにかく凄いんです。




Emeat-blog-curry-12.jpg




牧場の作るお肉カレーなので、お肉の量をこのサンプルの倍にして塊にして下さい。というわがままに快く答えてくれて、時には単価を逆に心配されたりしましたが、売るとかはともかく一番このカレーを食べる気でいるのは私ですので(笑)という言い分で作って頂きました。「けっこう火入れ大変なんだよ?」という言葉に感謝しかないと感じたお肉の絶妙なやわらかさと味!!



Emeat-blog-curry-10.jpg



カレーから飛び出す塊のお肉はインディペンデンス・デイの宇宙船を初めて見た時のような衝撃でした(笑)お肉カレーという言葉にまったく引け目を感じないナイフが必要なお肉カレーです。こんなにも贅沢にお肉を塊でお願いしたのはカレーにすることで愛情込めて育てたお肉が誤魔化されるのではなく、とりもとさんのカレーだとお肉がカレーで引き立つんだと感じたからです。



Emeat-blog-curry-06.jpg



すでにいろいろと試しながら食べていますが、塊のお肉が入ってますので通常の湯煎よりも長めの方がいいと思いました。でもたった8分であのカレーが手軽に食べられるかと思うとぜんぜん短く感じます。


Emeat-blog-curry-01.jpg



値段は 864円(税64円)
4個までなら全国一律360円のレターパックにて発送します。


Emeat-blog-curry-13.jpg





____






【商 品 紹 介】



送料はお客様負担となります。
自動返信のご注文メール後に送料を含めたご注文確認メールを改めて送ります。










上部へ戻る